高田歯科医院・西多摩地区 青梅線 羽村の歯科・歯医者・歯周病専門医

西多摩地区 青梅線 羽村の歯科・歯周病専門医 髙田歯科医院 

ご予約 

TEL.042-555-5903  

〒205-0011 東京都羽村市五ノ神1-6-6
ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

副院長、髙田貴虎のブログです。
近況を中心に診療内容から趣味まで様々なことをアップさせていただきますので宜しくお願いします。

ブログ一覧

緊急事態宣言が再発令されました

1月7日政府より緊急事態宣言が再発令されました。
当院においては、これまで通り感染対策を徹底しながら診療を継続していきます。

昨年の第1・2波のデータから、以下のような見解が得られています。

①歯科治療による新型コロナウイルスの感染報告が見当たらない。

 ・実際に新型コロナウイルス感染者が受診した(後に感染が判明した例も
  含む)歯科医院においても感染者がでていない
  という報告がいくつかあります。

②歯科医師・スタッフの新型コロナウイルス感染率は少ない。

 ・国内における抗体検査から医療従事者において最も陽性率が低い
 ・米国における歯科医師の感染者は1%程度で米国民の1/10程度
  といった報告があります。

③口腔内の状態は、さまざまなウイルス感染症に対する免疫に関与する。

 ・口腔清掃状態が悪いとインフルエンザに罹りやすい
 ・歯周病が全身の健康状態を低下させる
 ・口腔内細菌と腸内細菌(免疫に深く関与)はお互いに関与しあっている
 ・新型コロナウイルスの重症者の血液中には細菌や細菌由来の毒素(LPS)
  が多く含まれている(口腔内の由来かどうかはわかっていません)
  といった報告があります。

もちろん、ご来院時に体調がすぐれない場合は無理されずにご予約変更をお願いしますね。
また、新型コロナウイルス感染症と診断され自宅療養されている方、濃厚接触者とされている方はご来院をお控え頂きますようお願い申し上げます。

2021年も皆様における口腔内の健康維持から、このパンデミックを乗り越えるお手伝いができれば幸いです。

新型コロナウイルス感染防止対策9 換気と熱中症対策

今年の夏は暑いですね。

にもかかわらず、新型コロナウイルス対策として換気をおこないながら熱中症予防をするといった矛盾…。

効率よく換気するために、各診療台でこのようにしています。

窓に扇風機を外向きに設置し空気を積極的に排気させます。

後ろから窓に向けて扇風機で風を送ります。エアコンの空気も動くので涼しくなります。

扇風機はプラズマクラスター。動物コロナウイルスやSARSウイルスへの不活化効果があるようです。https://jp.sharp/plasmacluster-tech/effect/
(換気が一番だとは思います。)

温度と湿度を常にモニタリングしています。
特に今冬は要注意です。(今から冬の準備をしようと思います)

地球温暖化が生態系に変化を生じ、新しいウイルス感染症が生まれたと論じている科学者もいるようです。記録的豪雨や記録的猛暑、ここ数年異常気象が続いています。パンデミックだけでなく、地球規模でのもっと大きな問題が浮き彫りになってきているのかもしれません。子供たちに負の遺産を残さないために何ができるでしょうか。

新型コロナウイルス感染防止対策8 『うがい薬』について

0.5%ポピドンヨードは15秒で新型コロナウイルスを不活化します。https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/jopr.13209

当医院はじめ、多くのクリニックで診療前後のうがいに使用されています。

しかし、現在は入手困難となってしまっていることはご存知のとおりです。

なので別のうがい薬を検討しました。

0.5-1%過酸化水素水 アメリカ歯科医師会が新型コロナウイルス感染防止対策として推奨していますので、当医院スタッフと試してみました…が、とっても不味いです。悪い後味が何分も残ってしまいましたのでこれは却下です。

ネオステリングリーン ベンゼトニウム塩化物

https://www.nite.go.jp/data/000109487.pdf

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)からの報告にあるように、新型コロナウイルスを不活化します。

しかも、ミント風味で後味も良好です。

今後はこちらも使用していこうと思います。

新型コロナウイルス感染防止対策について 当院の取り組み その実際について 7


前回のブログでもまとめたように、いま皆さまにとって重要なことは『どんな状況下であっても口腔内を自分でケアできること』だと思います。
セルフケア・プラークコントロールは、『何を使って、どのように、どのくらい行うのか?』について最善策を見つけることにあります。
しかし、お口の中の状況はそれぞれ異なり、また手先の器用さ、プラークコントロールができる時間や生活習慣など、お一人お一人に合った方法があります。
これを見つけていくには、歯科衛生士が密になって患者さまと向き合う必要があります。患者さまと術者の双方が安心して向き合えるように、透明カーテンを用いてプラークコントロール指導をさせて頂いております。

この方法は当院の衛生士たちが提案してくれたもので、この熱意は皆様にもきっと伝わってくれると信じています。



緊急事態宣言発令期間における急患対応の内容から、今後に備えておくべきことを考える

4月7日~5月26日まで1ヶ月半以上に渡り緊急事態宣言が発令されました。
この間に痛みなどの急な症状によってご来院された患者様のうち、定期的メインテナンスに通われていない患者様の割合はメインテナンスに通われてきた患者さまの2倍でした。
症状の割合は、痛み43%、脱離30%、腫れ10%、義歯のトラブル10%、その他7%でした。
改めてメインテナンスの重要性を認識させられました。

また、この期間におけるプラークコントロールが良好な患者様の急患来院は、口腔粘膜の悪性新生物を心配されて来院された1例だけでした。このことは、ご自身でのセルフケアが重要であることを再認識させられるものであります。

さらに、お口の中全体の精密検査(歯科ドック)を行い治療計画を立案した上で行った治療では、治療中の仮歯脱離が1例だけでした。このことも、きちんとした治療計画のもとに行った(OR行っている)治療は良好な状態が維持できる、ということを意味しております。

以上のことから今後備えておくべきことは、
①メインテナンスの継続
②セルフケアの充実
③口腔内における悪性新生物疑いの早期診断
④お口の中全体の精密検査(歯科ドック)を行った上で治療計画を立案する
になると思います。

皆様の今後の備えに精一杯対応していきたいと思います。

2020年6月6日