高田歯科医院・西多摩地区 青梅線 羽村の歯科・歯医者・歯周病専門医

西多摩地区 青梅線 羽村の歯科・歯周病専門医 髙田歯科医院 

ご予約 

TEL.042-555-5903  

〒205-0011 東京都羽村市五ノ神1-6-6
スタディーグループ

2017年度赤坂会第3回例会

去る2018年3月4日(日)東京国際フォーラムにて高田貴虎が所属するスタディーグループ赤坂会例会が行われました。

今回は日本を代表するペリオドンティスト(歯周病専門医)である長谷川嘉昭先生をお招きし、30年の臨床を振り返っての知見をお話いただきました。「思い込みの歯科治療からの脱却」とうタイトルで、それまで考えられてきた常識を覆すような話もあり興味深い内容でした。また、今回は衛生士の川崎律子さんも参加いただきコメントを頂き、参加したハイジニストにとって貴重な時間となったようでした。

午後は3名の症例発表が行われました。樋口敬洋先生、早澤麻里奈先生、とわたくし高田貴虎です。ともに歯周病治療をバックグラウンドにもつ歯科医師による症例でした。私も、長谷川先生をはじめ様々な貴重な意見を頂いたので、今後の臨床に生かしていきたいと思っています。

さて、今回は2016年から3年間スタディーグループ赤坂会の会長として任期最後の例会でした。100名におよぶ会員の先頭に立って会をまとめる機会は私にとって貴重な経験となりました。この経験を今後の活動に生かして行きたいと思っています。

船登彰芳先生の講演会

去る2017年11月26日国際フォーラムにて高田貴虎が所属するスタディーグループ赤坂会主催の講演会が開催されました。

今年は、日本を代表する歯科医師の一人である船登彰芳先生にご講演いただきました。

歯周病治療からインプラント治療まで超包括的な歯科臨床を、長期経過を交えながら最新の知見まであっという間の一日でした。

赤坂会からも、飯沼学先生、吉田拓志先生、新藤有道先生の症例発表を行い、船登先生と症例ディスカッションを行い充実した一日となりました。

歯科従事者へ講演会のお知らせ

今日は同業者向けに歯科講演会のお知らせです。

私の所属するスタディーグループ赤坂会主催の講演会を11月26日(日)に開催いたします。

歯周病治療・インプラント治療で著明な船登彰芳先生に基調講演をおこなってもらいます。

午後の一部の時間で、赤坂会から会員発表もあります。

スタディーグループならではのリアルな日常臨床を聴講できる貴重な一日になるでしょう。

赤坂会会員以外の方も是非ご参加ください。

2017年末特別講演会案内ver5

パシフィックリムインプラントフォーラムに参加してきました

去る7月15日、沖縄那覇にて開催されたパシフィックリムインプラントフォーラムに参加してきました。
この会は私(高田貴虎)が会長を務めますスタディーグループ赤坂会と沖縄WESPICというスタディーグループとの共催で、アジアを中心に海外演者も招聘して行われるインプラントの勉強会です。
今年も、韓国から1名、アメリカから1名、日本から5名の演者によるプレゼンテーションが行われました。
今回はアメリカミシガンのジェフリージョンソン先生によるインプラント合併症のプレゼンテーションが行われたりと、非常に内容の濃い会となりました。また、国内演者のレベルも非常に高く、国内トップレベルのプレゼンテーションにより有意義な内容となりました。
懇親会では、ジェフリー先生にアメリカの歯周病・インプラント治療について直接ディスカッションできる機会があり貴重な機会となりました。
沖縄で開催されてはいるものの、一日中の講演会、終了後は懇親会なので観光はゼロです(涙)。
しかし、沖縄の空気を感じながら、沖縄の仲間との楽しい時間は明日からの診療の活力になります。今回学んだことをしっかりと診療に生かしていこうと思います。

  
ジェフリー先生のプレゼンテーション。日本人とのハーフだそうで、ラグビー日本代表のエディジョーンズ監督似で素敵な先生です。ラグビーはアメリカではマイナースポーツなので本人は知りませんでしたが(笑)。
 質問する私。沖縄の「かりゆし」ウェアがここのフォーマルです。
 総合ディスカッション。今回はインプラント周囲のティッシュマネージメントが主なテーマでした。

 

技工士との連携・ラボコミュニケーション

去る5月14日、わたくし(高田貴虎)が所属するスタディーグループ赤坂会の例会が開催されました。
会場は品川シーズンテラスにて約100名の歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士の参加者が集まりました。
テーマは「ラボコミュニケーションにおける共通認識とは」でした。
被せ物や義歯などの作製時における歯科医師と歯科技工士との連携についてをテーマにしています。

本例会は2017年度の1回目でしたので、会長を務めさせて頂いている私から年間テーマについて説明させて頂きました。今年のテーマは「伝承」。赤坂会は 25年目を迎える歴史あるスタディーグループです。顧問の寺西先生から学んだことを、各メンバーが切磋琢磨して現在の状況を築き上げてきました。これを今後は若手メンバーへさらには日本の歯科界に伝承していきたいと思ってそのようなテーマにしました。メンバーみなさんに気に入って頂いたようで、この日はいろんなところから「伝承」という言葉を聞きました、よかったです(笑)。

さて、午前中は顧問の寺西先生と技工士の狩野氏から20年を超える長期症例についてのご講演をして頂きました。歯科医師・技工士で細かいことをしっかりと煮詰めれば長期的に良好な結果が得られることを証明してくださいました。この技術・知識はやはり歯科医師として伝承し患者さまに還元されるべきだと改めて思いました。
午後は、3組の歯科医師と技工士との症例発表でした。どの発表も素晴らしくとても役に立つ内容でした。

当院では、日本の歯科界でトップクラスの歯科技工士との連携による補綴治療(クラウンブリッジ・インプラント・義歯・審美など)をおこなっています。高度な歯周病治療と高度な補綴治療を軸に、長期的に長持ちする治療を目指しています。

矯正専門医との連携治療

去る2月5日、わたくし高田貴虎が会長を務めさせて頂いているスタディーグループ赤坂会の2016年度第3回例会が行われました。 今回のテーマは『成人矯正Part6 アライナーVSワイヤー』という内容です。 アライナーとうのは矯正治療に用いるマウスピースのことで、近年急激に進歩している治療法です。 アライナー矯正に用いるマウスピース インビザライン社HP(http://www.invisalign.co.jp/)より引用 従来のワイヤー矯正との比較。ワイヤー装置が見えないので治療していることが他人にわかりません。   今回は日本においてこの分野における第一人者の佐本博先生(青山アール矯正歯科)をお招きし、基調講演をおこなってもらいました。 アライナー矯正の場合、歯を動かすメカニズムが異なるため、歯にかかる負担や治療結果にも影響があるとのことでした。歯の微細な動きに関してはワイヤー矯正のほうが優れているようですが、アライナー矯正の場合大臼歯を遠心(後ろ)に動かしたいケースにはかなり有効だということです。また、歯にかかる負担が少ないので根吸収が少ないということも特徴との事です。 この日の午後は、坂本紗有美先生(銀座並木通りさゆみ矯正歯科クリニック)、川崎宏一郎先生(川崎歯科・矯正歯科医院)、高井基普先生(プレミアムデンタルケア恵比寿代官山)&任剛一先生(オーラルデザイン下北沢・矯正歯科)の4名の先生方に症例発表をしていただきました。各分野のトップを走る先生方の症例にとても勉強になった一日でした。 とくに任剛一先生は私の母校である昭和大学の先輩で、素晴らしいケースに感銘を受けました。昭和大学の矯正科は日本の矯正歯科学を長きに渡ってリードしてきている名門教室です。 当院において矯正治療はとなり町の福生市にある田辺歯科医院に治療を依頼させていただいております。田辺歯科医院の副院長である田邉怜先生は昭和大学矯正学教室出身の矯正医で、わたしが最も信頼を寄せている矯正医です。症例に関して何かあれば事あるごとに診療後に直接会って症例相談をしています。矯正医との連携は、とにかくコミュニケーションをまめにとることが重要と考えています。 歯周病治療においても、歯並びや咬みあわせの改善が治療の経過に大きく影響を及ぼします。歯周病の進行によって歯が移動してしまったケースなどは矯正治療による改善が必要になります。進行した歯周病の治療では、歯並びや咬み合わせ、審美、また入れ歯やインプラントによる欠損の回復を伴う総合的な治療が必要になります。そのような治療がわたくし(高田貴虎)が最も得意としている分野であり、歯周病が進行してお悩みの患者さまは一度ご相談ください。  

『デンツプライインプラント・ワールドサミットツアー2017』に参加してきました

去る2月18・19日、お台場で開催された『デンツプライインプラント・ワールドサミットツアー2017』に参加してきました。 参加者は1200名以上という超大規模な講演会です。 演者は国内外から世界的に有名な先生方ばかり。内容はインプラントに関する講演会です。 この大会の主催であるデンツプライ・シロナ社は、私も臨床で使っているアストラテックインプラントも扱っています。特に今大会のメインはアストラテックインプラントの新しいシステムである『EV』というシステムのお披露目会になります。 そして、そのメインセッションで講演をしたのは、スタディーグループ赤坂会の顧問・寺西邦彦先生!! 国内では今年夏に発売予定の『EV』をメーカー支給で先がけて使用していましたので、その症例などを発表されました。また、発表後には『Inspiration Talks』というセッション形式で世界的権威であるMichel Norton先生とディスカッションを行いました。  歯周病とインプラント治療の世界的権威であるJan Lindhe先生。日本でもCMに出演しているので歯科医師でなくても知っているかもしれませんね。 今回はインプラント周囲炎に関する講演をされていました。  寺西邦彦先生の講演。大・大・大ホールでの約1000人の前での講演。改めて寺西先生の凄さに感銘を受けました。こんな凄い先生にアドバイスを日常的に受けられる環境にあることの素晴らしさを再確認しました。   スタディーグル―プ赤坂会のメンバーで寺西先生を囲んでの一枚。 インプラントは、近年急速な進歩を遂げてきています。もちろん私はもともと歯周病専門医ですので、『歯を保存する』ということは歯科医師の絶対的使命であると考えています。しかし、歯の欠損回復は残存している歯を守っていく為にとても重要です。そのようなことから、インプラント治療は私の臨床の中で重要なパートを担っています。そしてその進化は必ず患者さま皆様に貢献するはずです。そのために私自身も日々進化し続けようと思います。

部分入れ歯の症例発表 ~名古屋SJCD、大阪古希の会との合同症例検討会~

去る1月21・22日、名古屋SJCD、大阪古希の会というスタディーグループと、わたくし高田貴虎が会長を務めるスタディーグループ赤坂会(顧問:寺西邦彦先生http://www.akasakakai.com/)との合同症例検討会が開催されました。 名古屋SJCD、大阪古希の会ともに、その地域だけでなく日本の歯科界に影響を与えるような活気のあるグループです。 わたくしも『2次性咬合性外傷に対するスプリンティングとRPDによる欠損補綴を行ったフルマウスリコンストラクションケース』というタイトルで症例発表させていただきました。 3グループともにとても活気のあるグループですので、ディスカッションはとても盛り上がりました。 とくに、動揺のある歯に対するスプリンティング(連結)の考えがスタディーグループ間で異なる為に、とても深いところまで話合えたのではないかと思います。 症例発表するたびに思うのは、やはり色々な意見をもらうことによって成長があるということです。歯科医療の現場は隔離された場で行われますので、自分のやっていることが正しいのか間違っているのか分からなくなるときもあります。自身の臨床ケースを多くの優秀な先生方に見ていただき、ご意見を頂けることが最も成長できる時間となります。 とは言っても、発表は準備から当日の緊張まで含めてとてもパワーがいるので正直とっても疲れます(笑)・・・はい・・・。 以下、自分の発表の一部です。  本症例のRPD(部分入れ歯)です。スライド左側にあるような多くのステップをふんで、最高の精度の入れ歯が完成します。スタディーグループ赤坂会は部分入れ歯においても日本の歯科界をリードしてきたグループです。治療ステップは多く複雑ですが、これを正確に行える歯科医と技工師がいてこその技術です。  部分入れ歯は、鈎歯(入れ歯を支える歯)と義歯の設計が重要です。スライドに示すような、プロキシマルプレートとガイドプレーン、レストとレストシート、マイナーコネクターに対するマウスプレパレーション、これらの設計と精度があって初めて動かないよく噛める義歯が完成されます。日本トップの技工師による『匠の技』に支えられていることを実感するケースです。もちろんこれを完璧に施術できる歯科医師でないといけません。  治療前、治療後です。入れ歯の人工歯はセラミック(E-max)にて修復することで長期的に咬合の変化がないように工夫しています。 ちょっと控え目な正確と言われる私は、コマーシャルなことが大・大・大嫌いなので普段あまり大きなことは言いませんが、このような発表をしたあとはちょっと言わせてくださいね。 当院は『高度な歯周病治療から、失ってしまった歯の欠損補綴(入れ歯・ブリッジ・インプラント)までをトータルで高レベルの治療を行える数少ない医院』であると自負しています!!  最後は参加者の皆さんで浜焼きBBQで楽しい時間を過ごさせていただきました。

アストラテックのインプラントが新しくなります

当院で用いているインプラントはアストラテックというメーカーのものになります。 スウェーデン製のメーカーで、インプラントでは世界的にシェアの広いスタンダードなメーカーです。 インプラントはだいたい4~5つくらいのメーカーが主なシェアを占めており、アストラテックはその一つのメーカーです。その為、メーカーや製品における信頼度は非常に高いと考えられます。 そのアストラテックインプラントですが、2017年にシステムが一新されます。機械的強度が大幅にアップされたことにより、咬合力の強い症例にも安心して使えるようになります。 また、ショートインプラントのラインナップが増えたことで骨幅の少ないケースに幅広く応用できるようになります。 私の所属するスタディーグループ赤坂会では、去る2016年12月にスウェーデンよりマーカスダグネリッド先生をお招きして、アストラテックインプラントの新しいシステムについてご講演頂きました。インプラント治療の進化は、現在の歯科医療の中では最も進化の早い分野になります。しっかりと準備をして最新・最適なインプラント治療を患者様に提供させて頂きたいと思っております。  演者のマーカスダグネリッド先生  北欧の先生らしいスマートな講演。  私とマーカス先生、通訳して頂いた梅津先生ととともに。

2017年も宜しくお願いします。

2016年はあっという間に過ぎ去り、2017年です(汗)。

今年は少しずつでもブログ再開したいと思います(汗、汗)・・・。

歯科臨床の話、スタディーグループの話、医院のある羽村の話、趣味の話など。

気ままにアップしますので宜しくお願いしますね。

高田貴虎